歯ぎしりが気になる

歯ぎしりは歯の寿命を縮めてしまいます

「隣に寝ている人の歯ぎしりがうるさくて眠れなかった」という経験はどなたでもお持ちではないでしょうか?歯ぎしりは無意識に行われているため、噛む力をコントロールできません。強い力で顎の筋肉を動かし歯を擦るので、歯や顎に大きな負担を掛けてしまいます。

このことで目に見えない小さなひび割れが歯にはいってしまい、知覚過敏になってしまったり、また顎がゆがみ、顎関節症などを起こしてしまったりします。

歯ぎしり・噛み締めの治療法

歯ぎしり・噛み締めの治療法

現在最も良く行われる歯ぎしり・噛み締めの治療法は「マウスピース」の装着です。夜寝る時にマウスピースを装着することで歯にかかる負担を軽減させることができます。極端に噛み合わせが高すぎる、あるいは低すぎる場合には、それを調整する必要があります。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

患者様の声

お知らせ

勝沼歯科クリニックの口コミはこちら

24時間簡単予約

カード

携帯サイト